夜灯 小説 Novel
二人で歩むこれからをあなたに

BLメイン、ダークファンタジー・シリアス・R18作品があります。

夜灯バナー

サイト投稿向けの作業が終わるまで、長編はアルファポリスのみに掲載しています。
気長に移していきます。
移行作業中につき、他投稿サイトへのリンクと混在しています。

「ほおつきよ」本編後の夜ーと真昼。もらってばかりの真昼はお返しをしたいと、プレゼントに悩む。トラウマに言及あり。

二人で歩むこれからをあなたに

 一人暮らしが板についていたのに、今ではすっかり馴染んでしまった、同居生活。彼の家のソファーで僕はうずくまってうなる。

「どうしよう……」

 なんでこんなことしようと思ったのか、僕はとっても後悔している。僕の悩みの種は、プレゼント。
 夜一さんにもらってばかりなので、何かあげたいと思ったはいいものの、どういう理由で、いつ、何を渡せばいいのか、全く思い浮かばなかった。
 そもそも、どこで何を買うのかさえも分からないなんて、ノープランもいいところだった。

 プレゼントにいい思い出がないせいもあるんだろう。お父さんもお母さんも生活や病のことでいっぱいいっぱいで、形として残るものはおろか、誕生日を祝ってもらった記憶すらなかった。
「う、うぅ……」
 やっぱりまだ両親のことを思い出すには、向き合う覚悟が足りなかった。
 藤岡家に引き取られた後、僕が誕生日を祝ってもらったときに、大泣きしてしまったので、それ以降はタブーになってしまっていたので、お祝い事と贈り物にはめっぽう疎い。

 だって、僕が心の底から人生を喜べることなんて、ないのだから。僕が生まれたせいで、お母さんは苦しんだ。お父さんも僕がいなければ苦労しないで済んだし、お母さんと幸せに暮らせて、二人とも一緒にいられたのに。
 僕の心の傷はまだまだ癒えない。過去のトラウマが噴き出すと、延々と泣いてしまう。

「なーに、ひとりで泣いてんの」

 足音もなく、彼は帰ってきていた。僕の耳に差し障りがないように、静かに帰宅する術を身に付けたらしい。
 ソファーのそばまで来て、僕を抱きしめてくれる。温かくて安心する体温と彼の匂い。心の中で土砂降りの雨が、小降りになる心地だった。
 ぜんぶ、彼が僕に注いでくれる愛の形。僕は彼に何か返したい。そう思ってしまうのは必然だった。僕だって、彼を拙くも愛しているから。

「夜一さん、何がほしい……ですか」
「真昼……ってどうしたの、いきなり」

 悲しくてしおしおしていた顔から火が出そうになった。そうやって、スパッと言われてしまうものだから、こっちがかえって恥じらってしまうのだ。
「顔赤いんだけど、もしや熱あるんじゃ……」
「泣いたから、ですっ」
 鼻水をすすると、すかさずティッシュを差し出してくれる。箱ティッシュはガサガサと音が耳に障るので、彼が買ってきてくれた布製のティッシュケースに、彼が毎度詰め替えてくれていた。
 こうして考えると、僕と生活するために、さりげない気づかいをいっぱいしてくれてるんだと、また目頭が熱くなった。

「僕が欲しいって、いつでも居るじゃないですか……」
「もっと深いところまでぜんぶ、真昼が欲しい」

 彼は左目を抉るようにつかむ。事故で失ったというそこには、傷痕しかないのだが。
「他の奴にこの傷を触られると、ムシャクシャするんだけど、真昼のはそうじゃなかった。もっと触って欲しいって、なったんだよな」
 
 誰にも気安く触らせてこなかったという、その傷痕を夜一さんは最近よく、触れて欲しいと僕にねだる。痛みはないはずなのに、そこはまだ痛むらしく、僕に触れてもらうと、痛みが和らぐらしいのだ。

「俺、家族は居るけど、みんないつか離れていくから、道連れにするにはちょっとなって」
「僕は夜一さんの道連れにはなりたくないです」

 夜一さんは悲しそうな目をした。でも、僕はそういう存在になりたくなかったから。両親の悲劇を二度と繰り返したくない僕は、そんな資格に値する人間じゃないかもしれないけど、次の言葉を口にしないではいられなかった。

「夜一さんのとなりを一緒に歩きたい……じゃダメですか?」

 夜一さんの右目が一瞬泳いだ。

「この目の傷。俺の心まで深く蝕んでるんだけどさ、治すには途方もない時間が必要で。俺だけの問題じゃないから、どうにもできないし」
「でも、僕が夜一さんを治せないからって、となりを歩いちゃいけない理由にはならないですよね?」
「俺は話さないでこのままでも、気にならないけど、真昼はそうは思わないだろ? 真昼って尽くすタイプだから、相手のこと、どうにかして救ってあげたいって思っちゃうじゃん」
「夜一さんのとのこともまだこれからなのに、過去まで頭が追いつかないですって」

 傷痕をぐしゃりと彼は握りつぶそうとする。顔が悲痛に歪んでいた。

「俺自身は過去の傷でできてるからさ、空っぽなんだよ。中身ないんだ、俺って。ユーレイみたいな感じ」

 痛みを押し殺そうとする彼の手に、僕はそっと自分の手をかさねた。

「分かりました。夜一さんのこれからを一緒に作っていきたい、でいいですよね」
「あ〜、もう。かなわないなあ」
 夜一さんは僕の手を包み込むように、右手をかさねる。

「ほんと、真昼好き、そういうところ、たまんなく、好き」

 癒えないトラウマを僕たちは一人で抱えすぎなくてもいいのだ。新しいプレゼントの形を僕たち二人で作っていくのも、いいんじゃないかな。


ほおつきよ  本編その後ss「二人で歩むこれからをあなたに」

著者:内山 優
公開日:2021年9月11日

この物語はフィクションです。
転載・アップロード・私的利用以外の複製は厳禁

諸事帖

更新帖

書誌帖

サイト名:夜灯
管理者:内山 優
サイトURL:https://yatomori.lapindoux.com/
夜灯バナー汎用
夜灯バナー230606
リンクはフリーです。バナー画像はお持ち帰りOK・当サイトのリンクを張っていただける際に使用OKですが、バナー画像の直リンクは禁止です。

著作の取り扱いについて

当サイトの作品全てに対して自作発言・個別で許可しているものを除いて無断転載は禁止です。
好きなページのスクリーンショット、イラストの保存は、個人使用の範囲にかぎりますので、他のwebサービス上に無許可でアップしないでください。