夜灯 小説 Novel
好きって言って

BLメイン、ダークファンタジー・シリアス・R18作品があります。

夜灯バナー

サイト投稿向けの作業が終わるまで、長編はアルファポリスのみに掲載しています。
気長に移していきます。
移行作業中につき、他投稿サイトへのリンクと混在しています。

「真昼が『好き』って言ってくれるまで、俺が好き放題していいゲーム」
「ほおつきよ」本編後の夜ーと真昼。夜一は好きと言わせたいが思わぬ反撃を食らう。

好きって言って

 付き合ってから、なぜか言ってくれなくなった言葉。内気でとっても恥ずかしがり屋な君は、あんまり声に出して気持ちを伝えてくれない。
 だから、「最近ちょっと素っ気なくない? 真昼」って俺が拗ねた振りをすると、「夜のお供……してるじゃないですかっ」って顔を赤らめながら真に受けて、すぐにムッと口を閉じてしまう。
 俺との夜の営みのことを考えてた真昼の表情は艶っぽくて、今すぐ食べちゃいたいぐらいかわいい。手が早い俺はいつもならベッドに直行だった。だが、ここで押し倒したら台無しだとぐっとこらえて、真昼の耳に手を伸ばしてほおを包み込む。
「耳……ムズムズします……」
 目が潤んでいる。耳が過敏で、そこを触られることに慣れてない真昼の感度は抜群だった。すぐに泣きそうな顔になって、俺の庇護欲をかきたて、加虐心をあおってくる。
「真昼、俺のこと、好き?」
「な、なんの罰ゲームなんですか、これっ」
「真昼が『好き』って言ってくれるまで、俺が好き放題していいゲーム」
 いきなり、グンッとソファーが沈み込んで、目の前が暗くなった。癒えない左目の傷痕に触れた唇。ふわりとした羽のようなキスの感触があまりにも優しくて、やましい心はいったん全部飛ばされていった。
「……キスの反対は?」
「『スキ』」
 不機嫌そうな顔をしてるけど、恥ずかしさを精いっぱい押し込めてるんだと思うと、もっと愛おしくなった。
「あ~、やられた。かわいい」
 サッと離れていこうとする、無自覚で小悪魔な恋人を捕まえて、腕の中に閉じ込めてしまう。「好き」って伝えてくれた君を今夜も離すわけないじゃん。


ほおつきよ  本編その後ss
ハッシュタグ #一次BL創作Web企画_お題「好きって言って」

著者:内山 優
公開日:2021年6月12日

この物語はフィクションです。
転載・アップロード・私的利用以外の複製は厳禁

諸事帖

更新帖

書誌帖

サイト名:夜灯
管理者:内山 優
サイトURL:https://yatomori.lapindoux.com/
夜灯バナー汎用
夜灯バナー230606
リンクはフリーです。バナー画像はお持ち帰りOK・当サイトのリンクを張っていただける際に使用OKですが、バナー画像の直リンクは禁止です。

著作の取り扱いについて

当サイトの作品全てに対して自作発言・個別で許可しているものを除いて無断転載は禁止です。
好きなページのスクリーンショット、イラストの保存は、個人使用の範囲にかぎりますので、他のwebサービス上に無許可でアップしないでください。